読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikukawa's diary

都内で活動するシステムエンジニアが書いてます。 興味を持った技術やハマったポイント、自分用メモをつけてます。 最近はweb中心

nodebrewでnode.jsのインストール

自分用メモ
インストール方法を毎回調べているのでメモ
nodebrewでインストールします。

perlcurlを使うのでそれぞれパスが通っているか確認します。

foo:~$ which perl
/usr/bin/perl

foo:~$ which curl
/usr/bin/curl

nodebrewのインストールをします。

foo:~$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
========================================
Add path:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

表示されたパスを追加します。
今回はとりあえず、.bashrcに追加しました。

foo:~$ vi .bashrc 
foo:~$ source .bashrc 

パスが通ったか確認します。

foo:~$ which nodebrew 
/home/foo/.nodebrew/current/bin/nodebrew

nodeバージョンは最新の安定版を指定しました。
マシンの性能がしょぼいと2-3分くらいかかります。

foo:~$ nodebrew install stable

インストール中にパスが表示されますが、一応どのバージョンが入ったか確認します。

foo:~$ nodebrew list
v0.10.33

current: none

0.10.33を使うように、nodebrewに指定します。

foo:~$ nodebrew use v0.10.33
use v0.10.33

nodeコマンドで確認します。

foo:~$ node -v
v0.10.33

参考元の手順ほぼそのままです。
【node.js】nodebrewでnode.jsのインストールめも - Qiita