読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikukawa's diary

都内で活動するシステムエンジニアが書いてます。 興味を持った技術やハマったポイント、自分用メモをつけてます。 最近はweb中心

CentOSでのリポジトリ追加方法まとめ

自分用メモ
リポジトリの追加を毎回調べているので、
URLとともに追加方法と、使い方をメモ。

リポジトリRPMの場所

下記URLから最新のものを探す

rpmをダウンロードして、インストール

cd /usr/local/src
wget http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
rpm -Uvh rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm

rpmオプション

  • U
    • アップグレード。なかったらインストール
  • v
    • verbose
  • h
    • 進捗を#で表示

rpm に引き渡すものはURL直指定でも可

追加リポジトリをデフォルトで無効にしておく

この辺は、プロジェクトによっても違うと思います。
ここではデフォルトでは無効にしておいて、
対象パッケージをインストールする際に指定する方法を記述します。

リポジトリを追加すると、/etc/yum.repos.dリポジトリのファイルができます。
epelrpmforgeの場合はこんなファイルができます。

  • epel-testing.repo
  • epel.repo
  • mirrors-rpmforge
  • mirrors-rpmforge-extras
  • mirrors-rpmforge-testing
  • rpmforge.repo

epel.reporpmforge.repoについては、デフォルトで有効になっているので無効にします。

epleの場合

vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

ファイルを開くと下記のようになっているので、enabled=1のところを0にして保存します。

[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux 5 - $basearch
#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/epel/5/$basearch
mirrorlist=http://mirrors.fedoraproject.org/mirrorlist?repo=epel-5&arch=$basearch
failovermethod=priority
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL

[epel-debuginfo]
...以下略

追加したリポジトリを使ってパッケージをインストールする

enablerepoに使いたいリポジトリを指定して実行します

sudo yum install package-name --enablerepo=epel