読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikukawa's diary

都内で活動するシステムエンジニアが書いてます。 興味を持った技術やハマったポイント、自分用メモをつけてます。 最近はweb中心

CentOS5にlsyncdをインストール

以前はCentOS6系にインストールしましたが、
今回は5系にインストールした時のメモです。
directモードで動かしてます。
基本的には、6系にインストールした時と
同じ手順でインストールできました。
大きな違いとしては、6系では、version2.1がインストールされますが、
5系では2.0がインストールされることです。
あとは、設定ファイルのsettings部分の書き方を気をつければ、同じように動きました。

lsync依存パッケージのインストール

入っているかどうかの確認

$ yum list installed | egrep "libxml2-devel|lua-devel|lua-static"

luaのインストール

上記確認で、luaが入っていなかったのでインストールします。
luaは、CentOS5系のデフォルトリポジトリにはないので、epelからインストールします。
epelリポジトリを別途追加しておく必要があります。
今回は、この方法リポジトリの追加をしました。

$ sudo yum --enablerepo=epel install lua-devel lua-static

lsyncdのインストール

lsyncdはrpmforgeのリポジトリにあります。 リポジトリ追加を行っていない場合は、別途リポジトリの追加が必要です。

$ sudo yum install -y lsyncd --enablerepo=rpmforge

version 2.0がインストールされました。 こちらの記事によると、
CentOS5系とlsyncdの2.1は相性が悪いらしいので、2.0でよしとしました。

起動オプションの設定

6系と同じ手順

起動ファイルの修正

6系と同じ手順

設定ファイルの作成

6系の方にも書きましたが、
version 2.0ではsettings {の部分をsettings = {として、=でつなげてあげる必要があります。

settings = {
        logfile    = "/var/log/lsyncd.log",
        statusFile = "/tmp/lsyncd.stat",
        nodaemon = false,
}
sync{
        default.direct,
        source="/home/vagrant/src/",
        target="/home/vagrant/target/"
}