読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikukawa's diary

都内で活動するシステムエンジニアが書いてます。 興味を持った技術やハマったポイント、自分用メモをつけてます。 最近はweb中心

homebrewでredisのインストール

自分用メモ

$ brew install redis
==> Downloading https://downloads.sf.net/project/machomebrew/Bottles/redis-2.8.18.yosemite.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring redis-2.8.18.yosemite.bottle.tar.gz
==> Caveats
To have launchd start redis at login:
    ln -sfv /usr/local/opt/redis/*.plist ~/Library/LaunchAgents
Then to load redis now:
    launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.redis.plist
Or, if you don't want/need launchctl, you can just run:
    redis-server /usr/local/etc/redis.conf
==> Summary
  /usr/local/Cellar/redis/2.8.18: 10 files, 1.4M

ログインした時にredisを起動するようにしたいのであれば、
ln -sfv /usr/local/opt/redis/*.plist ~/Library/LaunchAgents
をやってね。
その後、今、
launchctl load ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.redis.plist
をやってね。
もし、launchctl使いたくない(自動起動させたくない)ときは
redis-server /usr/local/etc/redis.conf
をやってね。
ということらしいです。
シンボリックリンク作って、自動起動の設定を追加するということでしょう。

今回は自動起動させたくないので、一番下だけ実行しました。
実行するとredisサーバーが立ち上がるので、別のターミナルを開いて、確認します。

$ redis-cli 
127.0.0.1:6379> set keyfoo valuebar
OK
127.0.0.1:6379> get keyfoo
"valuebar"
127.0.0.1:6379> keys *
1) "keyfoo"
127.0.0.1:6379> exit