読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kikukawa's diary

都内で活動するシステムエンジニアが書いてます。 興味を持った技術やハマったポイント、自分用メモをつけてます。 最近はweb中心

Ubuntuにgitをインストールして公開用リポジトリを作る

Ubuntu git

gitをインストール

sudo aptitude install git-core

ローカル用のリポジトリを作る

cd /home/hoge/
mkdir git
cd git
mkdir myapp
cd myapp
git init

/home/hoge/tmp/myappにあるファイル群をコミット

cp /home/hoge/tmp/myapp/* /home/hoge/git/myapp
git add .
git commit

コミットメッセージの入力を求められるので、入力
デフォルトだとnanoが立ち上がる

git commit -m 'start project'

でも可

公開用リポジトリロカールリポジトリからcloneして作る
公開用リポジトリは「.git」を末尾につけるのが慣習らしい

sudo mkdir /var/git
cd /var/git
sudo git clone --bare /home/hoge/git/myapp ./myapp.git

デーモン化
デーモン起動用のパッケージをインストール

sudo aptitude install git-daemon-run

/var/sv/git-daemon/run
っていうのがなかったので、locateで検索

/etc/init.d/git-daemon
/etc/service/git-daemon
/etc/sv/git-daemon
/etc/sv/git-daemon/log
/etc/sv/git-daemon/run
/etc/sv/git-daemon/supervise
/etc/sv/git-daemon/log/run
/etc/sv/git-daemon/log/supervise
/usr/bin/git-daemon
/usr/share/doc/git-daemon-run
/usr/share/doc/git-daemon-run/README.Debian
/usr/share/doc/git-daemon-run/changelog.Debian.gz
/usr/share/doc/git-daemon-run/changelog.gz
/usr/share/doc/git-daemon-run/copyright
/usr/share/man/man1/git-daemon.1.gz
/var/cache/apt/archives/git-daemon-run_1%3a1.5.6.3-1.1ubuntu2.1_all.deb
/var/git/millionaire.git/git-daemon-export-ok
/var/lib/dpkg/info/git-daemon-run.conffiles
/var/lib/dpkg/info/git-daemon-run.list
/var/lib/dpkg/info/git-daemon-run.md5sums
/var/lib/dpkg/info/git-daemon-run.postinst
/var/lib/dpkg/info/git-daemon-run.postrm
/var/lib/dpkg/info/git-daemon-run.prerm
/var/lib/supervise/git-daemon
/var/lib/supervise/git-daemon.log
/var/log/git-daemon
/var/log/git-daemon/current
/var/log/git-daemon/lock

/etc/sv/git-daemon/runにあった

sudo vim /etc/sv/git-daemon/run

以下のように編集

#exec git-daemon --verbose --base-path=/var/cache /var/cache/git
exec git-daemon --verbose --base-path=/var/git --export-all --enable=receive-pack 

デーモンを再起動

sudo /etc/init.d/git-daemon restart


参考にさせていただいたサイト
ほとんどそのままです
http://d.hatena.ne.jp/amacou/20090113/1231831940