kikukawa's diary

都内で活動するシステムエンジニアが書いてます。 興味を持った技術やハマったポイント、自分用メモをつけてます。 最近はweb中心

glupでwebdriver-manager update

protractorを使ってテストをする際に、事前にwebdriver-manager updateを実行する必要があります。
通常は、

$ npm install -g protractor

を実行した後、

$ webdriver-manager update

を実行する。
上記をnpm install した後にgulp 経由で実行する方法です。


package.jsonの中身(devDependenciesとscriptsを抜粋したもの)
私が実際に使っているgulpfileでは、postinstall後にもう少し別のタスクを実行しているので、
webdriver-updateを別タスクとして登録し、postinstallに依存させています。

{
  "devDependencies": {
    "gulp": "^3.8.10",
    "gulp-protractor": "0.0.12",
    "protractor": "^1.5.0"
  },
  "scripts": {
    "postinstall": "gulp postinstall"
  }
}

gulpfile.jsの中身

var gulp = require('gulp');
var webdriver_update = require('gulp-protractor').webdriver_update;

gulp.task('webdriver-update',webdriver_update);
gulp.task('postinstall',['bower','webdriver-update']);

これで、npm installしただけで、webdriver-manager updateを実行してくれます。

参考
mllrsohn/gulp-protractor · GitHub

上記リポジトリのsampleフォルダの中のGulpfile.jsが参考になります。

広告を非表示にする